セミナー

マルクス・コップフ オペラワークショップ

ドイツ人演出家のマルクス・コップフ(Markus Kopf)を講師に招いたオペラ歌手対象のワークショップです。体を動かす基礎トレーニング、そしてオペラアリアの表現方法が中心になります。表現方法では、歌手が任意のアリアを歌い、その際の感情分析、アリアの内容に相応しい表現方法を探し指導するというものです。今回は指揮者で、当歌劇場会員の天沼裕子さんのご協力で実現しました。演出家、俳優としても活躍し、ミュンスターのヴィルヘルム音楽大学の講師として、オペラ演技指導にも当たっているコップフ氏のワークショップに奮ってご参加下さい。

日時           

2015年3月10日(火)13:30~21:00

会場             

 北区滝野川会館小ホール

(地下鉄南北線「西ヶ原」駅より徒歩7分、山手線「駒込」駅より10分、京浜東北線「上中里」駅より徒歩7分)

参加費          

受講料 12,000円(東京室内歌劇場会員) 15,000円(東京室内歌劇場会員以外)

*受講料には伴奏料を含みます。定員は7名で、定員になり次第、締切ります。

聴講料 2,500円(東京室内歌劇場会員)  3,000円(東京室内歌劇場会員以外)

*聴講者は基礎トレーニングに参加可、希望者は動きやすい格好でご参加下さい。

定員はありません。

【受講曲目】

任意のオペラアリア1~2曲(原語は問わない・レチタティーヴォ付も可)とし、伴奏者の為、楽譜を事前にご提出いただきます。

 

参加申し込み書ダウンロード(PDF)

 

マルクス・コップフ氏のプロフィールはこちらからご確認ください。(PDF)

<ワークショップスケジュールおよび受講曲目>

●13:30~ 
基礎トレーニング

●15:00-21:00 
オペラアリアの表現方法

ソプラノ宮窪百合  ピアノ林正浩  
G.Donizetti 『Don Pasquale』 “Quel guard oil cavaliere”

ソプラノ中川美和  ピアノ林正浩  
R.Strauss『Ariadone auf Naxos』“Großmächtige Prinzessin

ソプラノ小笠原文子 ピアノ林正浩  
G.Bizet 『Carmen』“Je dis que rien ne m'épouvante”

メゾソプラ木村槇希 ピアノ髙畠愛  
W.A.Mozert『la clemenza di tito 』 
“Parto,Parto” “ deh per questo istante solo!”

ソプラノ海野美栄 ピアノ髙畠愛  
G.Puccini『Turandot』 ”signore ascolta!” “tu che di gel sei cinta"

メゾソプラノ久利生悦子 ピアノ髙畠愛 
G.Bizet『Carmen』“Habanera”

ソプラノ 板倉修子 ピアノ爪川絵美子 
G.Puccini 『La Boheme』 “Mi chiamano Mimi”

※曲目の順番は都合により変更になる場合がございます。
あらかじめご了承ください。

<ワークショップ詳細>

基礎トレーニング以外は個人レッスンです。歌手以外の方で伴奏者も参加可です。

基礎トレーニングだけでお帰りになることもできますし、個人レッスンのみの受講も可

能です。もちろん、基礎トレーニングを受けられたほうが、効果は大です。

ワークショップ中の出入りは自由です。個人レッスンは、基礎トレーニングを除くと、

一人45分程度です。当日は、通訳がつきます。