オペラ

音楽劇『モーツァルトの旅』

~モーツァルトの一生を、室内歌劇場で旅してみませんか~
若き天才作曲家モーツァルトは、親友シカネーダーと共に故郷ザルツブルクから音楽の都ウィーンにやってくる。その才能は喝采で迎えられ、最初は反目しあっていた宮廷作曲家サリエリも、序々に彼を支えるようになる。
 そして台本作家ダ・ポンテとの出会いが、傑作オペラ『フィガロの結婚』を生み、更に『ドン・ジョヴァンニ』『コジ・ファン・トゥッテ』によってモーツァルトの名声は不動のものとなった。
 しかし名作を生み続ける中、妻コンスタンツェの不倫、父レオポルドの死、そして何よりもモーツァルトの才能に魅了されたダ・ポンテの存在そのものが彼の精神を追い詰めていく。やがて、ダ・ポンテとは訣別、良き理解者と信じていた姉・ナンネルとのすれ違い・・・・・・・音楽への賞賛とは裏腹に、モーツァルトは自らの音楽と現実のギャップに苦しみ、除々に精神と体を病んでいく。
そんな中、親友シカネーダーに、オペラ『魔笛』の作曲を依頼されるが・・・・・・

 

日時

2017年6月18日(日)14:00開演

会場

台東区・生涯センター2F ミレニアムホール

入場料

4,000(全席自由)

 

 

 

出演

モーツァルト  中川 美和(ソプラノ)
シカネーダー  古澤 利人(バリトン)
ナンネル  伊藤 邦惠(ソプラノ)
サリエリ  杉野 正隆(バリトン)
コンスタンツェ  末吉 朋子(ソプラノ)
ダ・ポンテ  吉田 伸明(テノール)
ソプラノ歌手

 吉村 華織(ソプラノ)

レオポルド  岸本 大(バス)
   
ピアノ  朴令鈴

 

演奏予定曲目

【イドメネオ】より「オレステスとアイアスの」

【後宮からの誘拐】より「気立てが良くて、浮気でなくて」、「あらゆる拷問が」、「何という喜びが」

【劇場支配人】より「私がプリマドンナよ」

【フィガロの結婚】より「もう飛ぶまいぞ、この蝶々」、「私も若いころは」、「伯爵夫人、許しておくれ」

【ドン・ジョヴァンニ】より「地獄落ちの場」

【コジ・ファン・トゥッテ】より「真に幸福な者とは」

【皇帝ティトの慈悲】より「涙する以外の何ごとも」

【魔笛】より「おいらは鳥さし」「愛を感じる人ならば」「復讐の炎は地獄のように燃え」

     「可愛い恋人か女房が」「パパパ」

コンサートアリア

KV419 「いえいえ、あなたはご無理です」

KV505 「おそれないで、愛しい人よ」

KV584 「彼を振り返りなさい」        ほか

 

 

脚本・訳詞・構成・ステージング

中川美和

制作

前澤悦子

主催・お問い合わせ

一般社団法人東京室内歌劇場

TEL:03-5642-2267

FAX:03-5642-2268

Email:info@chamber-opera.jp

 

その他プレイガイド

カンフェティ