コンサート

邦人作品シリーズ第7回 オペラ《昔噺人買太郎兵衛》オペラ《安寿と厨子王》

東京室内歌劇場コンサートオペラ
オペラ《昔噺人買太郎兵衛》
何年も続く日照りと不作に苦しむ百姓の治郎作夫妻が、ついに女房のおもんを売らなければならなくなり
”人買いの太郎兵衛”を前に嘆いていると、いつの間にか夫婦喧嘩が始まり、太郎兵衛も巻き込まれてしまう。
気の強いおもんの姿が、亡くなった女房にあまりに似ていて、同情した太郎兵衛は・・・。

オペラ《安寿と厨子王》
その昔、奥州を治めていた岩城判官正氏は、家臣による陰謀で、覚えのない罪により筑紫の国にながされてしまいました。
その妻と2人の子供たち(安寿姫と厨子王)も城を追われることになりました。
(オペラはここからのお話です)遠い父のもとに行こうとして、やっと越後の直江津にたどり着いた3人は
人買いに騙され、母は佐渡へ、子供達は丹後の長者である山椒大夫に売り渡されたのでした。
姉の安寿は、「ここから逃げて、一家没落の経緯を朝廷に奏上し、父の身に覚えのない罪の許しを願い出て、
母を探し、その後に自分を迎えに来るように」と弟に逃げるよう説得します。
必ずの再会を約束した弟、厨子王の逃亡が始まるのでした。

 

日時

2020年1月9日(木)・10日(金)

18:00開場/18:30開演

場所

きゅりあん[品川区立総合区民会館]小ホール

料金

入場料:4,800円[全席自由席]

東京室内歌劇場ユニゾン会員:4,300円

 

 

主催・お問合せ 

一般社団法人東京室内歌劇場

TEL:03-5642-2267/FAX:03-5642-2268

Email:info@chamber-opera.jp 

HP:http//www.chamber-opera.jp

 

カンフェティ―チケットセンター