コンサート

東京室内歌劇場コンサート 日本オペラの歩み その① ~山田耕筰とその流派~

1900年に「花」(滝廉太郎)が登場してから、歌曲では日本は、世界有数の大国となりました。しかしオペラはどうでしょうか。第一作と考えられる「露営の夢」(1904年、北村季晴)からすでに116年、レパートリーとして定着した作品は10作に満たないと思われます。
日本のオペラ作品上演にも大きな力があった東京室内歌劇場は、令和改元を機に、名は知られているものの、実際の歌唱に接したことのない名場面を、会員の総力を挙げて世に問います。私たちにとって、何よりもまず日本語であること、題材も身近であることが親近感を抱かせることでしょう。
第一回は、日本近代音楽の父と呼ばれる山田耕筰の三大オペラをはじめに置き、その高弟でオペラを能くした團伊玖磨、最後の弟子である牧野由多可の三人を採り上げます。
この試みが、今後の日本オペラ作品の上演と普及に、少しでも力となれれば望外の幸せです。        青島広志

日時

2020年11月5日(木) 14:00開演/18:30開演

 

場所

渋谷区文化総合センター大和田 6F 伝承ホール

 

入場料

全席自由 4,000円  東京室内歌劇場ユニゾン会員割引 3,500円

U15チケット(15歳以下の方、東京室内歌劇場事務局でのみ取り扱い)2,000円

 

出演

ソプラノ:浅野美帆子 大貫裕子 栗田真希子 関定子 中川美和 前澤悦子

メゾ・ソプラノ:久利生悦子 三橋千鶴

テノール:谷川佳幸

バリトン:飯村孝夫 和田ひでき

 

ピアノ:朴令鈴

 

MC:青島広志

 

 

お問い合わせ

一般社団法人 東京室内歌劇場 03-5642-2267 info@chamber-opera.jp

 

その他プレイガイド

カンフェティチケットセンター 0120-240-540